【子育てコラム】入園シーズン!こどもと親の抱える心配事を軽減する方法

LINEで送る
Pocket

こんにちは!

ちえ先生です。

春到来🌸
入園・入学シーズンですね。

この時期は、新しい生活に向けて楽しみな反面
心配なことが多い時期でもあります。

・お友だちできるかな

・先生に困ったこと言えるかな

・泣かないで行けるかな

・新しい環境になじめるかな

 

新しい事が始まるときは大人でもストレスを抱えますよね

ましてやかわいい我が子
寂しい気持ちや・不安な気持ちは取り除いてあげたいのが親心です

でも一緒に行くわけにはいかないし・・・

 

そんなストレスを少しでも軽減できる方法です

 

========================

①子どもの成長にこの経験は大切だと考える

 

社会への第一歩です。

今まで親のそばで守られてきた環境から
親の知らない時間を先生や友達と過ごします

大人になるということは
自分で生きていくということです
他人ともうまくかかわっていかなければなりません

その練習の始まりです

 

ひとり遊びから子ども同士で遊ぶことが
楽しい時期に変わってくる

自分と親だけの世界から
第三者が関わってくる

 

人を思う気持ち
注意深く人の話を聞く力
自分で判断していく決断力
我慢したり
気の合う友達と信頼関係を気づいたり

生きていく力を養っていくのです

そう思うと
心配なことも
「がんばれ!」と
応援したくなりませんか?

 

========================


②親が安全地帯となる

友だちとのトラブル
言いたいことが言えない我が子
ストレスで家で機嫌が悪い

悩みはつきません

こどもは新しい環境に身を置いているだけで
とてもエネルギーを使うし
疲れます

それと
子どもは自分の心を表現する言葉を
まだ、たくさん持っていません
(大人だって自分の心をうまく言えないですよね)

なので話を聞き出すよりも
ほっとできる癒しの場所を作ってあげてください

手をつないで
抱きしめて
ほおずりして

たくさん甘えさせてあげてください

ちいさな体でちいさな頭で
たくさん考えて
先生の言われたとおりに出来るように頑張っているのです

「赤ちゃんじゃないんだから」
そんなこと気にしないで大丈夫
スキンシップは最高の癒しです

 

========================

③トラブルの原因を考える

 

けんかもトラブルも大事な社会勉強です

友だちとの関係の中で
自分を表現したり、主張したり
友だちの事を考えて我慢したり

幼いこの時期は
自己中心的な考え方なので
他の子の意見をとりいれる力が未熟です
なのでトラブルになります

トラブルが起きたとき

どんな気持ちになったか
仲良くするにはどうしたらいいのか

他人とかかわっていく中での大切なことが
トラブルの中にはたくさん詰まっています

ある程度は見守る姿勢も必要です

もちろん
怪我をする
明らかに危険なことは
大人が介入してください

人に対する信頼感や思いやりの気持ちは
葛藤やつまづきの中で
それらを乗り越えることで
芽生えていくのです

子どもの話をよく聞いて

そして
相手の話、先生の話を聞いて
総合的に・客観的にそのトラブルに対応していく力も
親には必要です

========================

心配事はつきませんが

生きる力を勉強するためのスタートです

心配な事を考えるよりも

元気に明るく送り出して
帰ってきたら
笑顔で迎えて
癒してあげる

それがママの最大の役目です

でも
不安で頭の中がいっぱいになってしまったら
相談にのりますよ

抱えないで出口見つけましょうね

ママにとっても
こどもにとっても
新生活はドキドキ💗

たくさんのお友だちが出来ますように♪
応援しています

LINEで送る
Pocket

【子育てコラム☆おやこ教室「イルカキッズ」】我が子を自立した人間に育てるために出来ることとは

LINEで送る
Pocket

親子教室「イルカキッズ」で
子どもたちの足型を使って酉年にちなんだ制作をしました。

かわいいでしょう!

イルカキッズは親子で参加する教室なので
お子さんとママが一緒に作る制作が多いのです。

でも、今回はあまり子どもにやらせたくない?
そんなママが多かったかも(笑)
きれいに仕上げたい気持ちもわかります(^^)/
そんな日もあってよいよい♪

ママが楽しいこと、大切
子どもが楽しんでいるのを見てうれしい気持ち、大切
一緒に作り上げる、一緒に同じことをする時間、大切

一緒に同じ気持ちで過ごす時間が大切なんです

【子どもとまっすぐ向き合う時間が育てる心とは】

家だとこの隙間に洗濯干しちゃお。
この間に夕飯の下準備しちゃお。

となかなかこどもにじっくり向き合ってあげられないのが現実
「だって、今少しでもやっておけば夕方バタバタしないし・・・」
わかりますわかります、その気持ち。

でも、子どもにとってママが自分にどっぷり付き合ってくれる時間はとてもうれしい。
ママが見ててくれる安心感と満足感がこどもの自立を育てます。

実は正しい愛情をしっかり受けた子の方が親からの自立が早いのです。

「毎日の忙しさに追われて子どもとしっかり向きあっていないな・・・」
もしそう思うなら一週間に1度でもその時間を作るために外に出ましょう!
1時間でも2時間でもその時間は家のことを手放して
子どもの事だけに時間を使いましょう。
出るまでちょっと、面倒だけど
そこをひと踏ん張り!
帰ってくるときは「出かけてよかった」に変わりますから。

子どもはその日を楽しみにします。
たくさん遊んでお腹がすいてごはんもよく食べます。
しっかり遊んだので疲れてぐっすりと良質な昼寝をします
満足感!充実感!大切です

ママもしっかりと子どもと向き合ったこと
ひと踏ん張りして子どもと向き合ったこと
進化した自分に
満足・充実できるはず

イルカキッズの良いところは
私たち先生がナビゲーターとなるので
結局ママ友とおしゃべりに花が咲いて
子どもと向き合っていなかった💦

ということにはなりません
しっかり、向き合ってもらいます(笑)
やさしく、楽しくナビゲートします♪

自分だけでこの「子どもとしっかり向き合う」問題を解決できないときは
是非、イルカキッズにきてくださいね(笑)
イルカキッズはこちら

私もテレビ見ながら子どもの話を「フンフン」と聞いていると
「適当に聞いているんでしょ(怒)」と息子たちによく言われます。
中学生でも向き合うことはまだまだ、大切です。

反省反省・・・

満足感と充実感で自立した子どもに育てましょう!

===================================

【出張託児「Pucci」からのお知らせ】

2月16日(木)
【豊洲】いつか働こうかな?と1度でも思ったことがあるママさんへ~ママの「これから」を考えよう~(特典1000円分・託児・お茶菓子付♪)
※託児担当します!託児残席あとわずかです。

2月22日(水)
ユメックス×ママハピ <毎日家事を頑張っているアナタに来てほしい!> 主婦のおしごとフェア in船橋

出張託児お問い合わせはこちら


【親子教室「イルカキッズ」2月の予定】

若葉区クラス
日程:2月2日(木)・9日(木)・16日(木)・23日(木)
場所:千葉市若葉保健福祉センター3階大会議室
時間:10:00~11:00

緑区クラス
日程:2月6日(月)・13日(月)・20日(月)・27日(月)
場所:千葉市緑保健福祉センター2階
時間:10:00~11:00

体験希望はこちら

===================================

LINEで送る
Pocket

【子育てコラム】世の中には大きく分けて4種類の人がいるみたいです。私はどれ?

LINEで送る
Pocket

世の中には大きく分けて4種類の人間がいる

①「それはムリだ」と行動を起こそうとしない人
②「すればよかった」と悔やむばかりで行動を起こさない人
③「そのうちする」と「チャンスがあればやってみよう」と結局、何もしない人
④「してよかった」と言い訳を考えるヒマがあるくらいなら、すべきことをし、業績を上げる人

「自分を磨く方法」(アレクサンダー・ロックハート著)より抜粋

私は、タイプ②でした(笑)
やりたいことがあって
でも、やる勇気が出なくて
後悔することが多かった

なので今の座右の銘は
「やらないで後悔するより やって後悔する」

子どもたちにはいろいろな事に挑戦して
たくさんの経験をさせてあげてほしい

簡単な事から始めて
「できた!」の成功体験

次はほんの少し難易度を上げる
「できた!」がたくさん増えていく

「できた!」「やってよかった!」
という気持ちは自分はやればできる人間なんだ
と思えるようになります

心は行動から育ちます
口で言うより行動してみる

「満足感」「充実感」
その気持ちが
また次の大きいことに挑戦するステップとなるから

少し難しい事にも勇気をもって挑戦していく
いろいろな扉を開けて
自分の進む道を見つけていける
親として出来ることは
その土台を作ってあげること

そんな風に思うのです

私も今年は少し大きな仕事にチャレンジします
少し怖いけど・・・

怖いから覚悟が必要となり
その覚悟が責任となり
その責任が原動力となり
行動が自分を満たしてくれて
心から「楽しい」と思える毎日ができあがる
~がんばれよ長女(DJあおい)抜粋~


私もまだまだ成長中
「やってよかった」にむかって頑張ります

 

LINEで送る
Pocket

【子育てコラム】子ども時代に一生懸命に何かに取り組むこと

LINEで送る
Pocket

こんにちは♪
出張託児「Pucci」ちえ先生です

私は息子が3人います。
高2・中3・小6です。
旦那も含め全員が野球人です。

今回は小6息子の少年野球の話
15109357_1108862279233125_1820617564853062319_n

今日は公式戦の決勝戦でした
結果は惜しくも1点差で負け

子どもたちはこの試合に並々ならぬ思いがありました
だから、負けた思いは本人たちにしかわからない
小さな心でいろいろ思いをめぐらして泣いていました

仲間と笑って、泣いて、悔んだり、喜んだり
悩むこともあったし、練習が辛かったこともあったでしょう

こんな気持ちって野球をやっていなかったら
感じることはない感情です

そんな感情を感じることができたこと
親としてとてもうれしい

子ども時代に一生懸命に何かに取り組むことって
心が豊かになる
経験が宝物になって
心に勇気をくれる
環境が許すなら
是非、一生懸命取り組めるもの見つけてほしい

親が一緒に夢中になれる何かだったらなおいい!
子どもは大人が自分と同じ目線に立って
関わってくることで
信頼するから

あっという間の少年野球時代6年間
もうすぐ終わりです

Baseball and bat on home plate of a ballpark

LINEで送る
Pocket